2014年6月29日日曜日

アニメ 極黒のブリュンヒルデ 第12話『魔女狩り』 感想

遅れに遅れて、放送日の当日までずれ込んでしまったけど
なんとか間に合った。

前回、アニメ版の感想を更新したあとに公式HPのトップに
初菜が登場したようで、天文台メンバーはこれで全員集合だ。

あと、今回からEDにも初菜が加わって来た。
本当なら前回から入っていたはずだけど、ちょっとパターンが違ったからね。

そして、タイトルの通りあの方々がいよいよ参戦したぞ。

公式HPのキャラ紹介にも登場しているが、メガネ神父はいないのか。
このままモブで終わってしまうのか。

では、まず感想に入る前に前回のあらすじから。

-------------------------------------------------------------------

立ちはだかる警官隊を前に、まるで遊びのようにアンチマターで
山を消し飛ばすヴァルキュリア、藤崎真子。

一方天文台には新たな魔法使い、初菜が訪れていた。

人間を信用していない彼女は、良太を試すためにわざと危険な行為を
するが、誤って良太を転落させてしまうが、小鳥の魔法で死は回避された。

それを受けて初菜は信用を飛び越えて良太に告白をした上、キスまでするが
それを見た寧子は魔法を暴走させることに・・・。

小五郎に呼び出された良太は魔法使いの誰か一人しか生き残れないという
現実を突きつけられる。

しかし、それを聞いた魔法使いたちは誰かが生き残るよりみんなで残りを
一緒に過ごすことで一致する。

その時ふとした拍子に寧子の胸元にクロネコにあったほくろを見つけ
寧子がクロネコであることを知り、号泣してしまう良太。

再会を果たしたのも束の間、そこに最凶の敵ヴァルキュリアが現れる。




では、感想の方に行ってみようか。

以下、原作コミックスの内容も含みますのでご注意を


2014年6月25日水曜日

週刊ヤングジャンプ連載 極黒のブリュンヒルデ 第105話『失ったもの』 感想

せっかく連載の方も追いかけ始め、そろそろ感想でもと思ったものの
遅れに遅れ気づけばヤンジャン発売日前日になってしまった。

週末が使えないとこうも時間が取れないものか。

話は変わるが、来月にはコミックス10巻と短編集の新装版が発売される。

そして、一昨日はニコ生でエルフェンリートの一挙放送があったが
皆さんご覧になっただろうか。

僕自身、このアニメ版のエルフェンリートがきっかけになって
今に至るので、思い入れは強い。

個人的にはエルフェンとか極黒の感じの方が好きだな。


では、本誌の感想の方に行ってみようかと。



2014年6月16日月曜日

アニメ 極黒のブリュンヒルデ 第11話『突然の再会』 感想

いよいよ完結に向けて加速していくアニメ版極黒のブリュンヒルデですが
かなりオリジナル要素が増えてきましたね。

あと、BD&DVD BOXの特典も続々発表されてますね。

イベントの開催も決定したようで。

まずは、前回のあらすじから。

------------------------------------------------------------

奈波を救うため小五郎の協力のもと策を巡らす良太たち。

その中で奈波との友情を芽生えさせる。

しかし、無情にもイジェクトされてしまう。

彼女自身の望みにより彼女の記憶を消された魔法使いたちは
再び日常に戻っていく。

それもつかの間、九の独断により最凶最悪の魔法使いである
ヴァルキュリアが放たれる。



では感想行ってみようか。

以下コミックスの内容も含みますのでご注意を。

2014年6月14日土曜日

アニメ 極黒のブリュンヒルデ 第10話『生きている証』 感想

なかなかブログが書けずもう放送日前日ですが
極黒だけでもなんとか書こうかと。

ではまずは前回のあらすじを。

------------------------------------------

監視の目から離れた奈波は単独行動を開始する。

一方居場所がバレた良太たちは、奈波の説得のため
行動を開始する。

「友達になれる気がする」
良太の言葉に多少なりとも心が揺れた奈波だがすぐには
心を開くことができない。

しかし、良太の記憶や寧子の本質に触れたことで
自分の気持ちを吐露する。

ビーコンを外すための試みを開始するも
黒服の記憶が日誌により蘇ってしまう。



では感想の方を書いていこうか。

以下、コミックス版の内容を含むのでご注意を。



2014年6月9日月曜日

アニメ 極黒のブリュンヒルデ 第9話『模造の記憶』 感想

最近ブロクを始めたので、9話のエピソードから感想書きます。
世の中ではもう10話が放送されてますが。
追々、これ以前のとこも触れるかもです。

まずは前回のあらすじを。感想は書いてないけど。

------------------------------------------------


端末から得られた情報を元に、軽井沢の教会を訪れた良太。

しかしそこには、無残に破壊された残骸のみが残されていた。

さらに警官に連行されそうになるが、寧子たちの助力により
なんとか逃げ出すも、手がかりは失われる。


奇怪な現象に遭遇した警官たちは、研究所の職員から
聴取を受けるが、そこで拘束具の人物を目にする。

彼女は一体何者なのか・・・。


では、感想の方に。

以下、コミックス版の内容を含むのでご注意を。


2014年6月4日水曜日

なんとなく思い立ったので・・・。

マンガやラノベ、アニメ作品などの感想を書いていこうと思います。
気まぐれで始めたので、気まぐれで消えるかも・・・。